ホーム>>ホメオパシー体験談>アトピー


ホメオパシー体験談
次へ 予防接種について
アトピーの痒み(2) (8歳男児)
 私自身が小学生の頃ひどいアトピーで、肘の内側や膝の後ろがいつも赤く痒い状態でした。
私の母はよい薬があるといってステロイドを塗ってくれていましたが、その時は良くなってもまた痒みがひどくなるという繰り返しで、かなり辛い思い体験していました。

 私の子供たちも乳児のころからアトピーでしたが、自分が辛い思いをしてきたので、皮膚科の薬を使わずどうにかしたい!という思いがありました。

 そんな時ホメオパシーを知り、下の子どもが2歳の時に受診しました。
まず、それまで受けてきた予防接種などの毒だしから始まりました。
好転反応で一時症状が悪化しましたが、これを乗り切れば体がきれいになって必ず良くなると信じて必死でした。
その好転反応は1週間くらいで落ち着き、後は徐々に快復に向かいました。
 
 今は小学2年生になりますが、アトピーの症状はほとんどありません。
祖父の家に遊びに行き、スナックなどたくさん食べてきた後に痒みが少し出ますが、「たくさん食べるとカイカイになるから〜」と言って、自分で甘い物をセーブする時もあります。
また、寂しい思いをした後や友達と喧嘩した後によくお腹が痛くなることがあるのですが、そんな時もレメディーを取ると痛みが治まります。
精神的な面でもとても役立っています。
次へ 予防接種について
Copyright(C) MentalLink. All RIghts Reserved.