ホーム>>ホメオパシー体験談>慢性中耳炎


ホメオパシー体験談
次へ 喘息
慢性中耳炎 (3歳男児)
 
 私がホメオパシーに出会ったのは息子が1歳の時でした。入園を機によく風邪をひくようになり、そのたびに中耳炎をおこし鼓膜切開を繰り返していました。息子の耳は将来どうなるんだろう?
度重なる切開、なかなか効かない薬・・・このまま耳鼻科の治療を続けていくのに不安を感じ始めていた頃、ある雑誌で有名な女優さんが、自身やお子さんにホメオパシーを取り入れていることを目にしました。

 自分のことに関して言えば、もともと風邪くらいでは薬を飲まなかった私ですので「自然療法」「自然治癒力」というものにとても興味をもち、いろいろ調べていくうちにメンタルリンクさんと出会いました。

半信半疑で親子3人、最初に伺ったときのことを今でも鮮明に覚えています。

 それから、私たちの(息子の)ホメオパシー体験が始まりました。
現代医学の薬ではなく、レメディーで対処していく・・・。
最初はとても勇気がいりましたし、強い不安もありました。

 治癒していく過程で、好転反応がみられるかもしれないということで、息子の場合は喘息発作のような症状がでたり、アトピーのような症状が出たりしました。

先が見えず、つらく、はっきりした手ごたえがあるまでは迷い、悩みながらの道のりでした。主人に「もうやめよう!」と言われたこともありましたし、医者に行かない私たちを両親は冷ややかな目で見ていました。

それでも続けてこれたのは、メンタルリンクさんから「大丈夫ですよ」といつも強く励まされ、対処して頂いたからだと思っています。
それがなかったら、いつまた元の道に戻っていたかわかりません。

 息子は現在3歳になっており、中耳炎にはならなくなりました!
最初の頃はなっていたのかもしれませんが、レメディーで改善してきたのだと思います。

 ホメオパシーを始めてだいぶたった頃に、耳をさわる仕草が気になり、一度耳鼻科に行ったことがありますが、特に異常は見られず、この時初めて今までやってきたことが間違いではなかったんだと心から思いました。

 また、ホメオパシーを始める前とあとでは性格ががらりと変わり、保育園の先生にも驚かれるくらい積極的になり嫌なことははっきり「いや」と言いますし、声も大きく、元気いっぱい走り回るようになりました。本当に活き活きしています!
こちらのほうも同じくらい大きな収穫でした。

 メンタルリンクさんとの出会いの中で、レメディーでの対処の仕方はもちろんですが、本当に多くのことを学びました。
子どもに対する見方が変わりましたし、今後も育児を続けていく上でずっと心にとめておきたいことをたくさん教えていただき、大きな財産となりました。

 また、子どものことに限らず、日常のいろんなことを見直すきっかけにもなり、視野が広くなったような気もします。
本当に、本当に感謝しています。

 今、いろんな自然療法が注目を浴びていますが、「ホメオパシー療法が当たり前」の社会が早くくるといいなあと思います。
次へ 喘息
Copyright(C) MentalLink. All RIghts Reserved.